<   2013年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

a0177032_21262927.jpg


2013.6/22~23 第19回 全十勝清水やきもの市に参加いたします。
清水町イベント広場 清水町南一条一丁目 JR十勝清水駅横
10:00-17:00(日曜16:00まで)

初めて出店します。十勝清水の皆様どうぞよろしくおねがいしまーす♪

出品するものでおすすめを紹介。
上の写真のセパレート皿はこのほかにも水玉やブルーもありますよ♪

a0177032_2142117.jpg

使いやすいサイズのマグカップ。取っ手の水玉はブルーとピンクがあります。

a0177032_214334.jpg

ピッチャーはお花を生けても、めんつゆを入れても(夏だけに)

a0177032_2145622.jpg

パスタ皿も沢山持っていきます♪ランチプレートや大皿料理に。軽くて便利です。

a0177032_21463572.jpg

季節はずれのスープマグがなぜか人気です。どの柄も残りわずか。

a0177032_21485740.jpg

サラダに煮物に漬物に!我が家でも結構使えると評判の平小鉢。

他にもいろいろ持っていきますので、ぜひ遊びに来てくださいね!
[PR]
by usagi_pinot | 2013-06-20 21:55 | ibent | Comments(0)

a0177032_2350194.jpg

2013年の新十津川陶芸祭りも無事終了いたしました。
遠くからもドライブがてら来てくださったお客さま、本当にありがとうございました!
毎年雨が降る祭り、と覚悟して備えも万端でまいりましたが、初日の午前中で雨はやみ
カラッと晴れて祭り日和になりました。

a0177032_23524217.jpg


a0177032_23542286.jpg


ひとつのテントに4件のお店が入るのですが、今回私以外は皆、旭川チーム。
9月の旭川陶芸フェスティバルの実行委員の皆さんなので、いろいろお話を聞こうと思っていましたが
面白すぎる先輩方に囲まれ、わはは、わははと大盛り上がり!
作家さんのところにホームステイしている留学生の子も交えて本当ににぎやかでした。
普段ひとりで黙々と作業しているので、こういう場での交流が本当に楽しいです。
毎年来てくださるお客さまとも、だんだん顔なじみになっていくのが嬉しくて
やっぱり私はお祭りが好きなんだなあ、と思います。

うちから車で2時間かかるので、いつもどこかに泊まったりしているのですが
今回は何にも考えてなくて、晴さんにあちこち教えてもらいながらプチ旅行。
a0177032_0111051.jpg

スープカレー屋さんの奥芝商店で角煮カレーを頼んでみました。
びっくりするほど大きな角煮が入ってました。これは角煮というよりブロック煮?

a0177032_0131544.jpg

JR江部乙駅の向いにある温泉。昭和にタイムスリップしたような気分が味わえました。
こちらの温泉は小さいながらいろいろな湯船があり、ジャグジーに電気、高温湯に源泉。
源泉はかなり冷たくて、サウナに入る方ならちょうどいいと思います。
加温してある温泉の方は湯の花がいっぱいの濃いお湯で、ほかほかになりました。

a0177032_0183116.jpg

お祭りの後で近くのダムによってみました。

新十津川の隣町、雨竜町には有名な雨竜沼湿原があります。
湿原まではかなり険しい山道を登らなくてはいけないらしく、ちゃんとした登山の装備が必要です。
登山口の手前のダムまでは車でいけると聞き、軽くドライブ。

a0177032_0185242.jpg

この写真の奥に映っている細い橋を通ってみましたが、結構スリルありましたよー
今が満水期だそうで、ごうごうと斜面を流れ落ちる大量の水に圧倒されました。
a0177032_0331551.jpg

このダムから先は砂利道だったので、ここで引き返して帰路につきました。

たいして忙しくもなかったのに、帰り道で急に腰痛が出てきて苦行のような運転に・・・
翌日は全身筋肉痛みたいになってしまいました。

さて今週は初出店の十勝清水です。
体調整えて作品も追加してまいりたいと思います!
[PR]
by usagi_pinot | 2013-06-19 00:36 | nikki | Comments(0)

a0177032_16225196.jpg

今年も出店いたします。
新十津川陶芸まつり

各地の陶芸家が集まり、自慢の陶芸作品を展示し販売するほか、町内の商店や団体も飲食物、特産品
を販売します。
「見て・触れて・食べて」新十津川を丸ごと堪能することができます。
改善センターギャラリーでは、陶芸家によるランプシェードの展示もしています。
日時
  平成25年6月15日(土)10時00分~17時00分
  平成25年6月16日(日)10時00分~16時00分
場所
  北中央公園(改善センター前広場)
  新十津川町字中央306番地2

新十津川町観光協会
(町役場産業振興課内)
電話 0125-76-2134
a0177032_16212021.gif


新十津川は雨の多い地域なので、毎年土日のどちらか雨になりますね。
今年は土曜日が雨の予報なので、皆様雨具のご用意を!
私もカッパと長靴で頑張りたいと思います。

[PR]
by usagi_pinot | 2013-06-14 16:35 | ibent | Comments(0)

東北りょこう

イベントの翌日のフェリーで北海道に戻ってきました。
今回は函館にも用事があったので、お昼には船に乗らないといけません。
たいていイベントの翌日は美術館系はお休みなので、いけるところもあまりなく
今回は早朝山にいってみたり、道の駅で買い物したり。

大鰐温泉の近くの茶臼山にのぼってきました。
土日につつじまつりが開催されていたそうなので、つつじを目当てに向かいました。
大鰐に着くと目のまえに小さなつつじの山が見えてきます。
トンネルをくぐってつつじまつりの看板をたどりながら山頂付近まで車で登ります。

茶臼山。上に展望台があります。
a0177032_19254051.jpg

a0177032_1926189.jpg

a0177032_19262664.jpg

頂上まではほんの少し歩くだけなので、私でも登頂成功!!またひとつ山を制覇しましたよ!
三浦さんが足慣らしした藻岩山の麓に住む者として、これは小さな一歩です(どこが)

a0177032_19275972.jpg


茶臼山からみた風景。遠くに岩木山が見えます。
昨日まであの山のすぐ麓にいたんだなあ。やっほー!(心の中で)

a0177032_19395398.jpg

唯一見れたACAC
三瀬夏之介さんの個展を見ることができました。
もっとゆっくり見たかったのですが、船の時間が・・・


さて、まるでガイドさんのように東北に詳しいクミちゃんにいろいろ教わり
道の駅でけの汁セット、青森の市場ではミズという山菜を手に入れました。
けの汁は写真とるの忘れましたが、具沢山の味噌汁?みたいでした。

ミズはがんばって皮をむいて、おひたしと炒め物にしていただいてみました。
しゃきしゃきの歯ごたえがたまらないです。癖もなく食べやすかったです。
a0177032_1937249.jpg

ミズ。移動に時間がかかったので、かなりしおれてしまいました。

a0177032_19381769.jpg

ゆがくと緑があざやかです。

また10月に青森に行くので、今度はどこに行こうかな♪
青森のみなさま、次回クラフト小径でお会いいたしましょう♪♪
[PR]
by usagi_pinot | 2013-06-05 19:46 | nikki | Comments(0)

a0177032_18383384.jpg

青森県弘前市で今年はじめて開催されたクラフトフェア、つがるもり2013に出店してきました。

札幌からは函館まで5時間、
フェリーに4時間、青森から弘前まで1時間の、一日かけての移動でした。

弘前は初めてで、一人での参加にとてもどきどきしていましたが、
いざ会場に着てみると、結構知り合いがきていてホッとしました。
会場の桜林公園は、百沢スキー場というところのすぐ下で、まさに岩木山の麓。
パワースポットって、きっとこんな感じなのかなと。


C-pointのときのお客さまが沢山来てくれて、声をかけてくれて本当にうれしかったです。
たくさんの皆様に支えられているんだなあ、と感謝の気持ちで一杯になりました。

一回目ということで、スタッフの方達は本当に大変だったと思います。
イベントを盛り上げようとしている熱意がとても感じられました。
交流会もびっくりするほどご馳走で、参加者皆さん料理の写真をとりまくりでした。
津軽三味線の演奏も素晴らしく、こんなにおもてなし頂いて感激しました。


a0177032_1912242.jpg

ちょっとだけ、思ったことを・・・

つがるもりのHPには、来年ぜひ出展者一覧を載せてほしいとおもいます。
検索などでも作家の名前でもヒットしやすくなると思います。

場所の割り当ても前もって抽選で決めておいて、
会場の地図にできれば作家名とブース番号をいれたほうがいいと思いました。
当日の朝のくじ引きだったので、受付で大変時間がかかっていたのと
お客様も目当ての作家を探すのに、広くて傾斜のある会場をあがったり降りたり大変そうでした。

それぞれのブースに掲げる看板にもブース番号が入っていると、
お客様がその番号で現在地が確認できると思います。

私のブースは上の写真の奥の方にうっすら見える坂の下の道路からずっと運びあげるのですが
地面が芝生で傾斜がきついので、普通の台車では埋まって運べませんでした。
タイヤが太めのカート、もしくはリヤカーなどがないと大変だなと思いました。
今回はお天気に恵まれて地面も乾いていましたが、これで雨が降ったら・・・

a0177032_1915818.jpg


いろいろありますが、とにかく楽しかったのと、盛況だったので
イベントは大成功だったのではないでしょうか?
また来年も6月の第一土日に開催が決定しているそうです。
つがるのもりにまた遊びに行きたいです。
[PR]
by usagi_pinot | 2013-06-05 19:13 | ibent | Comments(0)